2007年05月09日

ロープワーク

教習で6つ程学んだロープワークですが、
何故か現場では全く上手く出来ません。。。

教習で練習用に頂いたロープだと、目をつむっても出来るのに
現場だと何で巻き結びすら出来ないんだろう…。
と最初悩んでたけど、多分
ロープの太さと長さ、向きが関係してそうです。

練習の時は、両端が切れた短いロープを持って結んでたのが、
現場は、どちらかが固定されてる場合が多い。

練習の時は、だらんとぶら下がった状態から
上に伸びてきたロープの端を結んでたのが、
実際は上からぶら下がった、長いロープを処理する事が多い。
他にも、太さが3倍くらい違うし片手で処理する事がある。

って感じなので、習った事が生かしきれてません。
一から覚えなおし…な感じがしますが
大切な事なのでしっかり勉強しておきます。

写真は、ヨットを扱ってる方から教わった結び方。
クリート止めの最後のひねりを2回繰り返す感じです。
代わりに、最初の巻き巻きをしてません。
この方が素早く外しやすくて、結構耐えれます。

20070509.jpg
posted by DiGiMonkey at 03:09| 大阪 | Comment(0) | 船の練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。